地価の高い東京のオフィスは貸倉庫導入で狭さを解消

subpage01

バブル景気は遥か昔に終わってしまいましたが、それでも東京の地価は他のどの都市に比べても高いです。


会社にとってオフィスやお店の賃料は一番削りたいところではないでしょうか。
しかし、家賃を抑えようとして狭い物件を選んだり、交通の便が悪い所を選んだりすれば本末転倒、狭いオフィスでは書類や荷物で溢れかえって歩くスペースもなくなったり、在庫が多く仕入れられず販売のチャンスを逃したり、交通の便が悪い場所では会社の印象が悪くなったり、打合せを相手方ですることになり交通費がかさんだりする危険もあります。

それに、狭いオフィスでは気持ちよく仕事ができません。



整頓されたオフィスで集中して仕事をすればそれだけで生産性が上がります。そんな時には、貸倉庫を借り、すぐには使わないものをすぐに移動させればよいのです。

朝日新聞デジタル情報の公開中です。

貸倉庫は少し郊外であれば東京であっても都心に広いオフィスを構えるよりもかなり賃料を抑えることができます。



経理の書類などは近年は電子化され、必要なデータはパソコン上でいつでも取り出すことができます。
全部をペーパーレスとできればよいのですが、そんな思い切ったこともできないのが日本の企業、紙の本書は東京郊外の貸倉庫においておき、監査が入った時などの必要な場面でだけ取り出せばよいのです。
業務の効率化を図るためにも、オフィスの格好よさをアピールするためにも、お店の在庫を必要なだけ蓄えるためにも、地価の高い東京では貸倉庫が便利です。